<よくある質問 Q&A>



サイトマップお問い合わせ

menu

HOME
ホーム

NEWS

新着情報

COUNSELING
心理・教育相談室

STUDY
学習支援
学習塾,療育,家庭教師


ART
絵画・アート教室
習字教室

OTHER

Q&A質問集
スタッフ紹介
みんなの学校紹介

BLOG
きそや通信
スタッフblog
FACEBOOK

SUB
珍解答集
遠州弁講座
リンク集

MAIL
お問い合わせ

ACCESS
アクセス




よくある質問 Q&A
お問い合わせ時や入塾時によくある質問を集めました













 補習塾について


 Q.どのような生徒さんが通っていますか?

 A.学習療育支援を求めて来られた方が多いです。
 進学校への進学を目指す子、何とか落ちこぼれないようにしたい子、部活で忙しいため来られる時にだけ来る子もいれば、マイペースでやりたい子等々、目的は様々ですが、
補習塾だからできる 「のんびり、ゆっくり、内容が個別、融通がきく、押し付けない」などに価値を見出されている方が多いです。また発達障がいや精神疾患等あるお子様の専門的な学習療育支援、対人コミュニケーション訓練(SST)、学習支援に併行した心理療法を求めて来ておられる方も多いです。


 Q.入塾試験はありますか?

 A.学力審査はありません。
 その代わり全員に
学習教育相談を受けていただいております。その子にとって一般の学習塾での学習の方が効率がよさそうだと判断した場合には、そちらをお奨めすることがあります。


 Q.教科の指定はできますか?

 A.できます。何の教科を勉強しても構いません。
 それぞれ自分のおペースで学習を進める形ですので教科は問いません。小中全教科対応いたします。但し、どの教科も授業形式ではありません。
補習がメインであることはご理解頂いた上で、ご入塾をご検討ください。


 Q.受験への対応はしていただけますか?

 A.対応いたします 
 受験勉強も普段の学習と変わらず、個々に合った学習方法と内容で進め、その中でよりよい状態で試験に臨めるように指導していきます。結果を保証するものではありませんが、ここ数年は多くの子が希望通り、もしくは当初の実力以上の学校に進学しており、大学や上位進学校へも合格しています。【過去の進学状況参照】
皆、それぞれに合ったペースで学習を進めた結果です。

 基礎屋は、ゆっくり時間をかけて進めることが多く、点数・成績に対し、短期間で目に見える成果を求めておられる親御さんは、入塾よりもまず
【学習教育相談】を受けられることをお奨めします。また、指導が「生ぬるい、もの足りない」と感じた場合は、その旨をスタッフに相談してみるとよいです。「成果が見られない」と、短期間で当塾を去られた方が、その後何軒も塾を変えたにも関わらず、成果が上がらずに失敗体験となり、お子さんが自己卑下、自己嫌悪から不安定になってしまったという話を聞いたのは、一度や二度ではありません。当教室には、一度辞めて戻ってこられる方も多いです。


 Q.発達障害、学習の著しい遅れ、医療機関や専門機関、特別支援学校等へ通っている、不登校・・・等でも入級は可能ですか?

 A.基本的には問題ありません。一度、ご相談ください。
 入塾前に臨床心理士と面接をしていただき、どのように学習を進めていくのがよいか、本人保護者様と一緒に考えます。お子様が医療機関や専門機関に通っておられる場合、その旨お伝え頂けると、それら機関と連携したり、直接お話して進めていくことも可能です。

 但し、以下の様なケースでは、お断りさせていただくこともありますので、ご了承ください。

 @お子さんに強い負担が掛かると思われる無理な学習への対応
 A他の生徒への影響が予想される状態での入塾
 B当教室では、対応が難しいと判断した場合


 心理教育相談室について

 Q.どのような内容の相談を受けてくれるのですか?


 A.当相談室では3歳〜18歳(高3)までのお子様に関する問題、及び親子の問題に関するご相談をお受けしております。対象はお子様ご本人、もしくはご家族・保護者様となります。

 主なお子様に関する相談内容としては
『学力不振、人間関係の不具合(いじめ・友人ができない、集団や学校不適応など)、不登校・登校渋り、非行、発達障がい(LD、アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害、ADHDなど)に起因する問題、摂食障害(過食、拒食)、自傷行為、その他心的要因と思われる体調不調、トラウマ障害、PTSD』などがあります。

 親子間の相談では
『子どもが愛せない、体罰を与えてしまう、子どもとの付き合い方が分からない、引越し・転校の子どもへの影響、離婚の影響、家族が子どもを受容できない(兄弟、祖父母、親戚なども含む)』などがあります。【相談室】もご参照ください。

 また、
「病院には敷居が高くてなかなか行けない」「どこへ相談に行ったらよいのか分からない」などの相談にも応じます。


 Q.心理療法、心理検査、知能検査はしていただけますか?

 A.各種心理療法、各種心理検査行っております。
 
心理療法、心理検査は扱いが非常にデリケートなものです。当相談室の臨床心理士が相談内容に応じて一緒に必要性を判断させていただきます。必ずしもご希望の心理療法心理検査を実施できる訳ではないことをご了承ください。また当相談室は病院ではありませんので心理療法、心理検査は保険適応外となります。ご理解の程宜しくお願い致します。


会社紹介  学習塾  絵画アート教室  習字教室  心理教育相談室  きそや通信  お問い合わせ  アクセス

Copyright (C) 1999-2017 Kamiya Fence Co.,Ltd. All Rights Reserved